忍者ブログ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新記事

プロフィール

HN:
家庭で予防医学
性別:
非公開
自己紹介:
C型肝炎であっても、全ての人にインターフェロンが使われるわけではありません。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[PR]

C型肝炎は、長い期間を経てゆっくり進んで行く病気です。
C型肝炎の治療に使われるインターフェロンの効果については、いろいろな条件が重なると、より効果を発揮します。
インターフェロンというのは、肝炎の治療でもっとも有効と言われている薬で、注射によって処置が施されます。
肝炎に効くインターフェロンには、大きく分けて2種類あり、インターフェロン・アルファとインターフェロン・ベータがあります。
医師の意見はしっかり聞く必要はありますが、治療をいつから始めるか、いつまで続けるかなどを最終判断するのは、患者である私達自身です。
早く治療を始めるのに越したことはありませんが、自分や家族が納得できる医師を探してから、治療を始めてはいかがでしょう?
インターフェロンにも、同様に副作用があり、実際に治療を受けたことがある方は、皆一様に辛かったとおっしゃいます。
主に、表れる副作用は発熱や筋肉痛・関節痛などですが、これらは座薬などの鎮痛剤を使用して抑えることができます。

<スポンサードリンク>

//////

PR
C型肝炎の治療に使われるインターフェロン

C型肝炎であっても、全ての人にインターフェロンが使われるわけではありません。
以下の条件が重なると、良い結果が得られると言われています。
・ウイルス遺伝子の型が2a・2bのどちらかであり、C型肝炎ウイルスの量が少ないこと。
・C型肝炎になってからの期間が短いこと。
・インターフェロンの使用量が多いこと。
などです。
よく毛染めやパーマをかける時に、パッチテストというのをしますが、インターフェロンにおいても同様のテストを行います。
その際、皮膚が赤く腫れると、過敏反応ありということで、インターフェロンの治療を受けることができません。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。
 

また、過敏反応は出なくても、今までにインターフェロンの治療を行ってひどい副作用にみまわれた方も、受けることができません。
しかし、回復することができるくらいの軽いアレルギー反応であれば、間隔をあけたり薬の量を減らすなどして、インターフェロンの治療を受けることが出来ます。
さらには、C型肝炎を患っている上に自己免疫性肝炎を発症している方もインターフェロンの治療は行われません。

<スポンサードリンク>

・・・・

C型肝炎の治療であっても

C型肝炎を治療する上で、一番大きな目的は癌になるのを防ぐことです。
たとえウイルスがなくならなくても、肝機能が正常に働いていれば、癌になるのを遅らせることは出来ます。
種類によって、注射を打つ期間や間隔、注射量・注射方法が違います。
癌治療に使われる抗がん剤に、強い副作用があるのはよく知られていますね。
しかし、長く続ければ続けるほど、不眠や意欲消失状態がでることがあり、ひどくなるとうつになる方もあるほどです。
『このまま続けると危険』と見なされたり、患者自身があまりの辛さから「やめたい」と申し出ると、インターフェロンの治療を中断することになります。
自己免疫性肝炎とは、40代以上の女性に多く、原因不明の慢性肝炎です。
この病気の方がインターフェロン治療をすると、肝臓の障害がひどくなると言われています。
例えば、ウイルスの量も少ない高齢のC型肝炎患者の場合は、インターフェロンを使って副作用に苦しむことを考えたら、むしろインターフェロンを使用しないほうが良いと言われています。


<スポンサードリンク>

・・・・

C型肝炎を治療する上で、一番大きな目的